都道府県 人口総数ランキング

都道府県 人口総数ランキングは、2015年に行われた総務省 国勢調査の統計データを元に作成しています。2015年の人口総数は1億2709万4745人です。前回2010年の国勢調査では1億2805万7352人でしたので、96万2607人の減少となっています。人口増減率は-0.8%です。

都道府県で最も人口が多いのは、東京都で1351万5271人、前回の調査から35万5854人増加となっています。ランキングの2位は神奈川県で、912万6214人、7万7912人増加です。3位は愛知県で748万3128人、前回から7万2409人増加。

逆に人口が少ない都道府県は鳥取県で57万3441人、前回の調査から1万5226人減少となっています。次が島根県で69万4352人、2万3045人減少です。高知県が72万8276人、3万6180人減少と続きます。

都市部に人が移動しているのがわかります。前回の国勢調査から増加した都道府県は47のうち8です。人口総数が減っているの中での増加ということで、人口格差がより顕著になったと言えるでしょう。

順位 自治体名 人口総数
1 東京都 13515271 人
2 神奈川県 9126214 人
3 大阪府 8839469 人
4 愛知県 7483128 人
5 埼玉県 7266534 人
6 千葉県 6222666 人
7 兵庫県 5534800 人
8 北海道 5381733 人
9 福岡県 5101556 人
10 静岡県 3700305 人
ログインしてランキングをもっと見る