都道府県 平均年齢ランキング

都道府県 平均年齢ランキングは、2015年に行われた総務省 国勢調査の統計データを元に作成しています。

都道府県で最も平均年齢が高いのは、秋田県で51.3歳です。ランキングの2位は高知県で49.8歳、3位は島根県で49.5歳となっています。

全体として、大都市を抱える都道府県の方が平均年齢は低い傾向が見て取れます。東京都は44位で、45位が滋賀県、46位が愛知県、そして平均年齢がもっとも低いのは沖縄県となっています。

すべてのランキングはログインするとご覧いただけます。平均年齢の定義については、「年齢・平均年齢・年齢中位数とは」のページを御覧ください。

順位 自治体名 平均年齢
1 秋田県 51.3 歳
2 高知県 49.8 歳
3 島根県 49.5 歳
4 山形県 49.1 歳
5 岩手県 49.0 歳
6 徳島県 49.0 歳
7 青森県 49.0 歳
8 山口県 49.0 歳
9 和歌山県 48.7 歳
10 愛媛県 48.6 歳
ログインしてランキングをもっと見る