人口とは

(1) 国勢調査で調査した人口は,調査年の10月1日午前零時現在(以下「調査時」という。)の人口です。(昭和20年の人口を掲載している場合は,同年11月1日午前零時現在で行われた人口調査による人口)

(2) 日本国内に常住する外国者は,基本的に調査の対象としましたが,次の者は調査の対象から 除外しています。

① 外国政府の外交使節団・領事機関の構成員(随員を含む。)及びその家族

② 外国軍隊の軍人・軍属及びその家族

(3) 調査した人口は「常住人口」です。常住人口とは,調査時に常住している場所で調査する 方法(常住地方式)による人口をいいます。ここで「常住している」とは,当該住居に3か月以上にわたって住んでいるか,又は住むことになっていることをいい,3か月以上にわたって住んでいる住居又は住むことになっている住居のない者は,調査時にいた場所に「常住している」とみなしています。

 

≪注意点≫

次の者については,それぞれ次に述べる場所に「常住している」とみなして,その場所で調査しています。

ア 学校教育法(昭和 22 年法律第 26 号)第1条に規定する学校,第 124 条に規定する専修学校若しくは第 134 条第1項に規定する各種学校又は就学前の子どもに関する教育,保育等の総合的な提供の推進に関する法律(平成 18 年法律第 77 号)第2条第7項に規定する幼保連携型認定こども園に在学している者で, 通学のために寄宿舎,下宿その他これらに類する宿泊施設に宿泊している者は,その宿泊している施設

イ 病院又は療養所に入院,入所している者で引き続き3か月以上入院又は入所している者はその病院又は療養所,それ以外の者は3か月以上入院の見込みの有無にかかわらず自宅

ウ 船舶(自衛隊の使用する船舶を除く。)に乗り組んでいる者で陸上に生活の本拠を有する者はその生活の本拠である住所,陸上に生活の本拠のない者はその船舶

なお,後者の場合は,日本の船舶のみを調査の対象とし,調査時に本邦の港に停泊している船舶のほか,調査時前に本邦の港を出港し,途中外国の港に寄港せず調査時後5日以内に本邦の港に入港した船舶について調査しました。

エ 自衛隊の営舎内又は自衛隊の使用する船舶内の居住者は,その営舎又は当該船舶が籍を置く地方総監部(基地隊に配属されている船舶については,その基地隊本部)の所在する場所

オ 刑務所,少年刑務所又は拘置所に収容されている者のうち,死刑が確定した者及び受刑者並びに少年院又は婦人補導院の在院者は,その刑務所,少年刑務所,拘置所,少年院又は婦人補導院

参考リンク

平成27年国勢調査 調査結果の利用案内 -ユーザーズガイド-:総務省統計局

https://www.stat.go.jp/data/kokusei/2015/users-g.html