WebAPIと連携するには?

RESTServiceを使うと、WebAPIにリクエストを送信して、その結果を変数に受け取ることができます。

ここでは、WebAPIからデータを取得する方法(GET)と、データを送信する方法(POST)を説明します。

WebAPIからデータを取得する方法(GET)

APIのリクエスト結果を受け取る変数を作成します。

 

続いて、以下のようなシナリオを作成します。

 

 

RESTServiceには次の設定を行います。

以下の画像の設定は次のcurlコマンドと等価です。

curl -H "Authorization: token xxx" https://api.website.com/users/

 

 

WebAPIにデータを送信する方法(POST)

RESTServiceでは、POSTリクエストを送信することも可能です。

リクエストパラメータは変数を使って指定できます。

例えば、「name」という変数を作成して「value」という値を設定すると、「name=value」というパラメータを送信できます。

 

「name」をパラメータとしてPOSTリクエストを送信するには、RESTServiceに次の設定を行います。

以下の画像の設定は次のcurlコマンドと等価です。

curl -X POST -H "Authorization: token xxx" --data-urlencode "name=value" https://api.website.com/users/