三大都市圏で買い物弱者が増加中
PDF無料ダウンロード

買い物難民 700万人

地域で買い物をしたり、生活に必要なサービスを受けたりを困難に感じる人たちのこと「買い物弱者」といいますが、2010年と2014年に行われた経済産業省の調査では、2010年の調査で高齢の方を中心に全国で約600万人、2014年の調査で約700万人となっています。

 

こうした問題は地方の過疎地域に住む高齢者に限ったものと考えられがちですが、都市部でも深刻になっており、首都圏を含む三大都市圏でも近年、買い物弱者が急激に増加していることがわかっています。

 

買い物意欲の減退と「フード・デザート」

公開されているウェブページは、すぐに利用可能なコンテンツです。広報誌、ゴミ収集カレンダー、コミュニティバス時刻表など、どんなコンテンツがあるか書き出します。

買い物弱者を居住環境で類型化すると、大都市、ベッドタウン、地方都市、農村・山間部の大きく四つに分けることが・・・

 

続きは、以下の資料ダウンロードでご覧いただけます